0296-33-3347

ブログ

2018/02/12(月)

自分でケアすべき変形性脊椎症に効くツボ 不容

カテゴリー:変形性脊椎症, 経穴(ツボ), 腰痛全般

 

 

 

こんにちは。

中山鍼灸治療院 整体院 橙の中山です。

腰痛でお悩みのあなたに今日も元気になっていただけるお話をお届けしていきます。

 

 

本日も変形性脊椎症についてお話していきます。

 

 

変形性脊椎症は、骨が変形していることよりも、自分自身の姿勢によって腰にかかっている負担による痛みが大きな原因となることは、先日からお伝えしてきました。

 

 

そして、多くの変形性脊椎症の方の「姿勢」は、頭が前に出て、猫背、骨盤が後ろに傾いている状態です。

 

 

この姿勢を改善していくことが、変形性脊椎症の痛み改善への道となります。

 

 

今回は首です。

 

 

頭が前に出ているということは首の角度が悪いのです。

 

 

首の角度を調整するために、自分でケアすべきツボをご紹介します。

 

 

首の角度を調整するのに、「不容(ふよう)」というお腹と胸の境目にあるツボを使います。

 

 

だって、首周りはデリケートな部分ですから、あまりグリグリやってしまうと、かえって緊張が強くなる可能性があるものですから・・・。

 

 

不容はお腹の肋骨の際の下にあります。

 

 

身体の真ん中のラインから、指2本から3本分外側にあります。ですから左右にひとつずつあるわけですね。

 

 

このツボは横隔膜を刺激することになります。

 

 

横隔膜は筋膜によって、首の筋肉とつながっていますし、横隔膜を動かす神経は首から出ているので、不容を刺激することで間接的に、首の調整を行います。

 

 

まずは不容を刺激する前に、ご自分の首を後ろにそってみて、その感覚を覚えておいてください。

 

 

左右の手で不容を軽く押します。

 

 

押しすぎると痛いし、気持ちはよくないので、ほどほどに押してください。

 

 

そして不容を押したまま、大きく深呼吸を5回行います。

 

 

これだけです。

 

 

終わりましたら、もう一度首を後ろにそってみて、先程よりもそりやすさが感じられたら成功です。

 

 

ツボの位置、刺激の加え方など、詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

腰痛の根本原因を突き止めて、腰痛を本気で改善したい方はぜひお問い合わせください!
 

最後までご覧いただきありがとうございました。

HPはこちら!
http://daidai-nakayama.com/

 

お問い合わせはこちらまで!!

http://form1.fc2.com/form/?id=5cdfda1d5c6b24b5

 

茨城県結城市下り松3-22-2(旧7181-7)

TEL 0296-33-3347

〜 中山鍼灸治療院 〜

〜 慢性腰痛専門整体 橙 〜

中山 哲治

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0296-33-3347

受付時間:9時30分〜19時(水曜・日曜 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。