0296-33-3347

ブログ

2018/04/21(土)

変形性膝関節症 足首から改善する3ステップ STEP2

カテゴリー:変形性膝関節症

 

 

 

こんにちは。

中山鍼灸治療院 整体院 橙の中山です。

腰痛でお悩みのあなたに今日も元気になっていただけるお話をお届けしていきます。

 

 

はい、すみません。今日も変形性膝関節症についてお話をすすめていきます。

 

 

変形性膝関節症の方のお膝は外に開いてO脚になっています。

 

 

立ってみると、膝が外側にくの字になってしまいます。

 

 

でも、変形性膝関節症の方が横になると、お膝は外を向いていて、足首は立っているときとは違って内返しになっています。

 

 

この状態で地面に足をつけると、つま先を真っ直ぐにすることができずに、お膝とともにつま先が外向きになってしまいます。

 

 

この状態でいくらお膝を上手に施術して痛みや変形が改善しても、土台になっている足首の角度が良くならなければ、また同じような痛みが出てきてしまいます。

 

 

それどころか、足首の角度が悪いためにお膝の角度が悪くなっている方もいらっしゃいます。

 

 

そのために改善していくスリーステップのSTEP1として、足首まわりの筋肉をゆるめるセルフエクササイズをご紹介しました。

 

 

本日は足首を内返ししてしまっている筋肉へアプローチするためのセルフエクササイズをご紹介します。

 

 

その筋肉はふくらはぎの奥にみっつあります。

 

 

ついでにふくらはぎの表面の筋肉もゆるめていきます。

 

 

なぜならば、変形性膝関節症の方は、この表面のふくらはぎの筋肉を上手に使えていないからです。

 

 

なのでSTEP2は、ふくらはぎ全体の筋肉をゆるめていきます。

 

 

お膝に不安のある方は、お立ちになってのエクササイズだと不安があるかと思いますので、座ってできるエクササイズを選んでみました。

 

 

ご用意していただくものは、円筒形の1,5リットルのペットボトルです。

 

 

そして、ご注意です。

 

 

今回のエクササイズで何かお身体に不調が出るようでしたら、即刻エクササイズを中止してください。

 

 

個人個人合うもの合わないものがございます。

 

 

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

腰痛の根本原因を突き止めて、腰痛を本気で改善したい方はぜひお問い合わせください!
 

最後までご覧いただきありがとうございました。

HPはこちら!
http://daidai-nakayama.com/

 

お問い合わせはこちらまで!!

http://form1.fc2.com/form/?id=5cdfda1d5c6b24b5

 

茨城県結城市下り松3-22-2(旧7181-7)

TEL 0296-33-3347

〜 中山鍼灸治療院 〜

〜 慢性腰痛専門整体 橙 〜

中山 哲治

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0296-33-3347

受付時間:9時30分〜19時(水曜・日曜 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。