0296-33-3347

ブログ

2018/05/31(木)

肩こり 胃のダルさを取り除け!

カテゴリー:内臓, 肩こり

 

 

 

こんにちは。

中山鍼灸治療院 整体院 橙の中山です。

腰痛でお悩みのあなたに今日も元気になっていただけるお話をお届けしていきます。

 

 

今日も肩こりについてやっていきます。

 

 

肩こりというとどうしても肩自体をもみたくなりますが、肩こりの重さ、痛さは実際には他からの影響が多いものです。

 

 

そのなかのひとつとして前回、手から腕についてお話しました。

 

 

今日は胃です。

 

 

これから暑い季節を迎えて、冷たい飲み物を飲む機会が増えてきます。

 

 

冷たいものが胃に入ると、胃の血管が収縮して胃の血流量が減少します。

 

 

そうなれば胃の働きは落ちてしまいます。

 

 

胃の真上には横隔膜があります。

 

 

働きが落ちた胃は、冷たくかたくなるので少しその位置が落ちます。

 

 

すると横隔膜も胃につられて、引っ張られてしまいます。

 

 

横隔膜を動かしている神経は首から出ています。

 

 

なので、横隔膜が引っ張られている緊張が神経を介して首にまで伝わります。

 

 

その結果首や肩にコリとしてあらわれます。

 

 

さらには胃の反応は背中にあらわれやすいのです。

 

 

背中と肩はスグ近くです。より肩周りが重く感じるようになることは想像できますね。

 

 

腰痛をお持ちの方でしたら、腰も痛い、背中も重い、肩こりもなんてことになりかねません。

 

 

この状況を改善していくために、もちろん冷たいものを控えていかなければなりません。

 

 

そして、胃の血流量をよくして働きを回復させ、肩こりを改善していくためにツボを押しましょう。

 

 

胃の反応点はいくつかありますが、その中でも最強の胃のツボは「足三里」です。

 

 

「足三里」はスネの前で、スネの骨の外側にあります。

 

 

スネの骨の外側を下から指でなぞっていくとカーブの手前で指が止まるところがあります。

 

 

その指一本分外側が「足三里」です。

 

 

両足にありますんで、どちらも押しながら深呼吸しましょう。

 

 

30秒程度で結構です。

 

 

すると胃のあたりが上に上がってくる感じがでてきます。

 

 

でも冷たい飲み物には気をつけてください。

 

 

ビールやら何やら美味しい時期ですが、ご自分の身体を改善していくためには気をつけていかなければならないものもあります。

 

 

身体の中から肩こりを改善していくこともお考えになっていただければと思います。

 

 

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

腰痛の根本原因を突き止めて、腰痛を本気で改善したい方はぜひお問い合わせください!
 

最後までご覧いただきありがとうございました。

HPはこちら!

http://daidai-nakayama.com/

 

 

お問い合わせはこちらまで!!

http://form1.fc2.com/form/?id=5cdfda1d5c6b24b5

 

茨城県結城市下り松3-22-2(旧7181-7)

TEL 0296-33-3347

〜 中山鍼灸治療院 〜

〜 慢性腰痛専門整体 橙 〜

中山 哲治

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0296-33-3347

受付時間:9時30分〜19時(水曜・日曜 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。