0296-33-3347

ブログ

2019/01/24(木)

肩こりで見逃されがちな筋肉をほぐそう!広背筋・前鋸筋

カテゴリー:筋肉, 肩こり

 

 

 

こんにちは。

中山鍼灸治療院 整体院 橙の中山です。

腰痛でお悩みのあなたに今日も元気になっていただけるお話をお届けしていきます。

 

 

まだまだ寒い日が続いています。

 

 

爆発的にインフルエンザの感染が広がっていますので、日々の体調管理に気をつけてください。

 

 

今日から肩こりについて何回かにわたってやっていきます。

 

 

腰痛の方は腰をかばった姿勢でいることで、肩こりが起きているなんてこともあります。

 

 

そして寒い日が続きますと、かたまった姿勢を取りがちです。

 

 

それでも肩こりになってしまいます。

 

 

肩こりに関係が深い肩甲骨には、いたるところにたくさんの筋肉がついています。

 

 

肩甲骨の動きがなくなると肩こりが起きやすいのは想像がつきますね。

 

 

肩甲骨の動きをいかに取り戻すかが肩こりの改善につながります。

 

 

肩甲骨周りの筋肉で多くの方が凝ってるところ、もみたいところというと、肩甲骨の上や内側になることでしょう。

 

 

ですが先程も申し上げたとおり、肩甲骨にはたくさんの筋肉がついています。

 

 

そこで肩甲骨周りの筋肉で肩こりに関係があって、でも見逃されがちな筋肉とそのエクササイズをご紹介していきます。

 

 

今回は肩甲骨の外側で、脇の方にある筋肉です。

 

 

広背筋と前鋸筋です。

 

 

これらの筋肉がかたくなって、短くなって動かなくなると、肩甲骨が外側に引っ張られます。

 

 

外側に引っ張られれば、その反対側にある肩甲骨の内側や上部の筋肉たちが引っ張り返そうと常に緊張し続けなければなりません。

 

 

その筋肉がかたまって肩こりとなっている人もいます。

 

 

では広背筋と前鋸筋のほぐし方のエクササイズをやっていきましょう!

 

 

ご用意していただきたいのは、「マッサージローラー」などと言われる筒です。

 

 

手元にない方は、水を満タンに入れた1,5リットルのペットボトルでもオッケーです!

 

 

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

腰痛の根本原因を突き止めて、腰痛を本気で改善したい方はぜひお問い合わせください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

HPはこちら!

https://daidai-nakayama.com/

 

お問い合わせはこちらまで!!

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=5cdfda1d5c6b24b5

 

茨城県結城市下り松3-22-2(旧7181-7)

TEL 0296-33-3347

〜 中山鍼灸治療院 〜

〜 慢性腰痛専門整体 橙 〜

中山 哲治

 

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0296-33-3347

受付時間:9時30分〜19時(水曜・日曜 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。