0296-33-3347

ブログ

2017/06/06(火)

結城市 腰痛 梅雨時期の塩分の摂り方で腰痛知らず!

カテゴリー:内臓

 

 

こんにちは。

中山鍼灸治療院 整体院 橙の中山です。

腰痛でお悩みのあなたに今日も元気になっていただけるお話をお届けできればと思っております。

 

 

 

梅雨時期に負担のかかりやすい腎臓についてお話を先日からしています。

 

 

腎臓は、ちょうど腰の高さあたりにあって、その疲れが腰にあらわれやすいです。

 

 

梅雨の時期には湿度が高くなってきます。そして温度も高くなってきます。

 

 

すると水分摂取とともに気を付けて取られているのが塩分だと思います。

 

 

ただし、塩分は取りすぎると、身体の水分量が増してしまいます。その分腎臓が頑張って排泄しなければならなくなります。腎臓に負担がかかってしまうんですね。その反応が腰にくることも考えられます。

 

 

塩分摂取には気をつけなければなりません。去年、こんな事件がありました・・・。

 

 

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

梅雨の時期をうまく乗り切って、腰痛を本気で改善したい方は、ぜひお問い合わせください!
最後までご覧いただきありがとうございました。

HPはこちら!
http://daidai-nakayama.com/

 

お問い合わせはこちらまで!!

http://form1.fc2.com/form/?id=5cdfda1d5c6b24b5

 

茨城県結城市下り松3-22-2(旧7181-7)

TEL 0296-33-3347

〜 中山鍼灸治療院 〜

〜 慢性腰痛専門整体 橙 〜

中山 哲治

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0296-33-3347

受付時間:9時30分〜19時(水曜・日曜 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。