0296-33-3347

ブログ

2018/11/17(土)

手術の後遺症

カテゴリー:健康, 腰痛全般

 

 

 

こんにちは。

中山鍼灸治療院 整体院 橙の中山です。

腰痛でお悩みのあなたに今日も元気になっていただけるお話をお届けしていきます。

 

 

中山の唇にあった「粘液のう胞」という出来物を手術で切除しまして約3週間が経ちました。

 

 

「粘液のう胞」は口の中が傷ついて再生する際に、唾液を分泌する唾液腺の出口を誤って塞いでしまい、唾液が溜まって膨らんだものです。

 

 

これってご飯食べてる時に噛んじゃうんですね。

 

 

すると袋が破けて唾液が漏れ出てくるのですが、再生するとまた溜まってきてしまいます。

 

 

食べる時は気を使わなければならないし、普段も口の中が煩わしくて仕方がなかったんです。

 

 

それを3週間前に約8ミリ角分、取ってきました。

 

 

生まれて初めての手術と名のつく経験をしましたが、あとは少し瘢痕化したものがあるだけで、粘膜の突っ張り感もなくなりました。

 

 

ただし、切ってますんで、切った近くの唇の触っている感覚がありません。

 

 

神経も切っちゃってるってことですね。

 

 

中山程度の小さなものを取る手術でもこれだけ術後の感覚の麻痺があります。

 

 

ということは、腰痛にしろ何にしろ、大きな手術を受ければ少なからず神経を切って、感覚の神経を傷つけることになります。

 

 

ただ中山は「粘液のう胞」と手術後の生活を比べると、少し感覚の以上はあれども今のほうがデメリットは少なかったと感じています。

 

 

腰痛などで手術を選択なさる方もいるでしょう。

 

 

その時に、自分の椎間板ヘルニアの状態と手術後の状態では、どちらのほうにメリットがあって、どんなデメリットがあるのか考えてみてください。

 

 

それを踏まえた上でご自分に合った治療法を選択してください!

 

 

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

腰痛の根本原因を突き止めて、腰痛を本気で改善したい方はぜひお問い合わせください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

HPはこちら!

https://daidai-nakayama.com/

 

お問い合わせはこちらまで!!

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=5cdfda1d5c6b24b5

 

茨城県結城市下り松3-22-2(旧7181-7)

TEL 0296-33-3347

〜 中山鍼灸治療院 〜

〜 慢性腰痛専門整体 橙 〜

中山 哲治

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0296-33-3347

受付時間:9時30分〜19時(水曜・日曜 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。