0296-33-3347

ブログ

2019/02/21(木)

大腰筋を使って歩こう!

カテゴリー:健康, 腰痛全般

 

 

 

こんにちは。

中山鍼灸治療院 整体院 橙の中山です。

腰痛でお悩みのあなたに今日も元気になっていただけるお話をお届けしていきます。

 

 

今日は歩き方のお話をしていきます。

 

 

歩くときには「大腰筋」という筋肉が使えなければなりません。

 

 

「大腰筋」は主に腰の背骨の前から股関節の内側に走っていて、太ももの骨の内側についています。

 

 

身体の奥にある筋肉で、「大腰筋」の前に内臓が位置しています。

 

 

身体の中のインナーマッスルで、身体の軸をつくってくれています。

 

 

「大きな腰の筋肉」と書きますが、背中側にあるわけではありません。

 

 

ですが、腰痛とは相当関わりが深い筋肉です。

 

 

さて、歩いている時にこの「大腰筋」を使えていますか?

 

 

腰痛をお持ちの方は、感覚としてこの「大腰筋」を使うのが難しいんですね。

 

 

なので今回こういったお話をさせていただいています。

 

 

まず、この「大腰筋」を使って歩くために、一歩一歩踏み出す際に、両足を腰幅ぐらいに開いて歩きましょう。

 

 

きれいに歩こうと思って、一直線上に足を運ぶ方もいらっしゃいますが、それですと足が内側に入って、その分上半身が外側に倒れようとします。

 

 

それを股関節周りの筋肉が支えようと固定しなければ歩けません。

 

 

いろんな筋肉を使うためにたまにこういったあるき方をするのはいいと思いますが、普段からこういったあるきかたはやめたほうがいいでしょう。

 

 

固定しなければならない筋肉が固まって、余計に腰痛がひどくなってしまう可能性があります。

 

 

ただし、腰幅で歩くときも注意点があります。

 

 

腰幅でもガニ股で歩いてしまうと、上半身が外側に流れてしまいます。

 

 

足を踏み出した時に、下っ腹で体重が支えられているのかゆっくりした動作で確認してみてください。

 

 

「大腰筋」の周りには、アウターマッスルと呼ばれる大きな外側の筋肉があります。

 

 

「大腰筋」を使えていない方は、そういった周りの筋肉をつかって生活しています。

 

 

ですので、次回から「大腰筋」の使い方、その周りのアスターマッスルの緩め方をご紹介していきます。

 

 

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

腰痛の根本原因を突き止めて、腰痛を本気で改善したい方はぜひお問い合わせください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

HPはこちら!

https://daidai-nakayama.com/

 

お問い合わせはこちらまで!!

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=5cdfda1d5c6b24b5

 

茨城県結城市下り松3-22-2(旧7181-7)

TEL 0296-33-3347

〜 中山鍼灸治療院 〜

〜 慢性腰痛専門整体 橙 〜

中山 哲治

 

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0296-33-3347

受付時間:9時30分〜19時(水曜・日曜 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。