0296-33-3347

ブログ

2018/07/14(土)

災害時 狭い場所での腰痛予防エクササイズその3

カテゴリー:エクササイズ, 当院からのお知らせ, 腰痛全般

 

 

 

こんにちは。

中山鍼灸治療院 整体院 橙の中山です。

腰痛でお悩みのあなたに今日も元気になっていただけるお話をお届けしていきます。

 

 

今西日本では大雨による河川の氾濫の影響で大変な事態となっています。

 

 

日々の報道では痛々しい映像が届いています。

 

 

すぐにというわけにはいかないでしょうが、災害にあわれた方々の1日も早い復興をお祈りしております。

 

 

栄養、衛生面での健康管理だけでも大変なことだと思いますが、ぜひ筋肉などの運動器もしっかりと管理していただきたいです。

 

 

なぜならば、災害時に腰痛を訴える方が増えるというデータがあるからです。

 

 

復興のためにも腰痛は邪魔者です。

 

 

まだ腰痛を感じられていない方も予防、対策を!

 

 

今回も狭い場所でもできる腰痛予防のためのエクササイズをご紹介します。

 

 

インターネットも繋がりにくい状況とお聞きしますが、もしこの動画をご覧になられた方がいらっしゃいましたら、周りの方をお誘いして実践していただければと思います。

 

 

今回は太ももとふくらはぎです。

 

 

立ってやってきます。

 

 

まずは太ももです。特に太ももの後ろ側をしっかりと使えようにしていきます。

 

 

腰幅ぐらいに足を開いて立ちます。

 

 

片足ずつ踵をお尻につけるようにお膝を曲げます。

 

 

リラックスした状態で行ってください。あまり力んで行いますと太ももの筋肉をつってしまうことがあるかもしれませんので注意してください。

 

 

両方10回ずつ程度行いましょう。

 

 

次にふくらはぎのエクササイズです。

 

 

これは立ってやっていただいても、座ってやっていただいても結構です。

 

 

片方の足を身体の斜め前に出して、踵を地面につけます。

 

 

そうしましたら、上半身を軽く前に倒しましてつま先を下げて上げてを繰り返します。

 

 

両足とも10回程度で結構です。

 

 

座っている時間が増えて運動量が減少すると、エコノミー症候群になる恐れもあります。

 

 

ふくらはぎのエクササイズはエコノミー症候群予防にもなります。

 

 

注意点としましては、坐骨神経痛をお持ちの方には今回のエクササイズは合っていないことがあります。もし坐骨神経痛でしたら、かるく試されてから本格的に実践してみてください。

 

 

こんな動画でも災害にあわれた方のお力に少しでもなれればと、勝手ながら思っています。

 

 

他にもいくつか狭い場所でできる腰痛予防のエクササイズの動画を上げておりますので、よろしければ御覧ください。

 

 

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

腰痛の根本原因を突き止めて、腰痛を本気で改善したい方はぜひお問い合わせください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

HPはこちら!

https://daidai-nakayama.com/

 

お問い合わせはこちらまで!!

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=5cdfda1d5c6b24b5

 

茨城県結城市下り松3-22-2(旧7181-7)

TEL 0296-33-3347

〜 中山鍼灸治療院 〜

〜 慢性腰痛専門整体 橙 〜

中山 哲治

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

0296-33-3347

受付時間:9時30分〜19時(水曜・日曜 休み)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。